銀座を歩く

飲み歩きに一番縁遠いんじゃないの?と言われるのがずばり「銀座」ではないでしょうか。実際に昔から「最高」が集められた高級な土地というイメージは今もしっかりと守られていると感じます。

中央通りや並木通りには憧れのブランドショップが立ち並び、さらには松屋銀座、銀座三越、プランタン銀座、銀座松坂屋というそうそうたる有名デパートが軒を連ねており、海外の高級ブランドから洒落た手土産まで楽しめる街と言えるでしょう。

しかし、だからこそ昔ながらの老舗も多く残っており、グルメスポットとしても「宝庫」と言えるのが「銀座」の最高なところと言えるでしょう。

新しいスポットとして挙げたいのは「ZOE銀座」でしょう。銀座の代名詞のような「大人の女性」がターゲットに設定されているビルで、なかでも「My HUMBLE HOUSE TOKYO」では、ジャズやボサノバの生演奏を楽しみながら美味しい料理を楽しめるようです。

レストランフロアは自然食からイタリアンまで様々なグルメが楽しめるほか、バーやラウンジがあるのも注目ポイントと言えるでしょう。

歌舞伎座でエンターテイメントを満喫した後などに立ち寄ってみるというのも「通」な雰囲気で楽しいのではないでしょうか。

街角にはギャラリーも点在しており、おしゃれなカフェを経由しながら散策するというのも気分が上がる過ごし方といえるでしょう。

イタリアで一番と称される高級レストラン「エノテーカ・ピンキオーリ」の東京店も銀座にあり、本場のイタリア料理を楽しんだり、銀座一丁目の「鹿鳴春」では、コラーゲンたっぷりで免疫作用にも良いとされるフカヒレ料理も堪能できるでしょう。三陸直送のフカヒレを使用しており、濃厚さととろけ具合はここでしか味わえないほどの美味しさといえるでしょう。

正統派の洋食を楽しむなら「銀園亭」でしょう。フランス料理を基調とした料理が自慢とされており、じっくり10日ほど煮込んだデミグラスソースを使用したシチューはぜひ一度食べてみてほしい一品でしょう。コースもあるため、特別な日にご褒美として予約するのも良いお店と言えるでしょう。

他にも高級天ぷらで有名な「銀座天一」や、老舗の紅茶専門店「マリアージュフレール」など、さまざまな好みを満たすことのできる夢の街と言えるでしょう。

「美味しい酒には美味しい料理!」トップへ戻る